住宅断熱における窓ガラスの重要性

遮熱と断熱の重要性

熱の出入りが最も多い窓こそ、住まいを快適にするキーアイテム

冬の暖房時に家の内側から逃げる熱のうち、窓やドアの開口部を通るものは約半分の50%になります。逆に夏の冷房時に家全体に入ってくる熱のうち、窓やドアの開口部を通るものは70%以上になります。冷暖房を効率よく利用するためには窓の対策も重要です。

窓の遮熱性 出典:(一社)日本建材・住宅設備産業協会

遮熱とは?

太陽の直射熱(日射熱)の多くは、窓面を突き抜けて、室内に侵入します。日射熱が部屋に侵入するのを防ぐことを「遮熱」といい、遮熱性能が高いほどこの日射熱の侵入を少なくできます。

窓の断熱性 出典:(一社)日本建材・住宅設備産業協会

断熱とは?

熱は、温度の高い方から低い方へ移動する性質があり、この移動する熱を少なくする事を「断熱」といいます。室内外の温度差により、熱が窓や壁を通り抜けて移動する事を「熱が貫流する」といい、断熱性能が高いほどこの熱の貫流が小さくなります。

遮断高断熱複層ガラス Low-E

遮熱高断熱複層ガラスLow-E

特殊金属膜効果で夏は日差しをカットして冬は暖かく

ガラスにコーティングした特殊金属膜(Low-E膜)が、夏の日差しは約60%カットしながら同時に紫外線もカットするため、冷房効果を高めながら日差しによる日焼けも抑制できます。
また、一般複層ガラスの約1.5倍の断熱効果が冬は太陽熱を取り込みながら室内の熱を逃しませんので、暖房効果を高めて快適さを向上させます。

遮熱 夏の強い日差しはカットして、冬は暖かいまま

住まいへの日射遮熱の最大侵入経路は窓です。夏の遮熱対策は強い日差しを約60%カットし涼しい快適な室内環境に。
夏の強い日差しはカットして、冬は暖かいまま。

遮熱高断熱 Low-Eガラスの日射侵入率比図

紫外線カット 人体に有害な電磁波、紫外線もカット

紫外線は人体や住まいに有害な電磁波です。人間の皮膚の表面に作用して日焼けを生じさせたり、カーテンや家具などの色褪せの原因のひとつとなります。
特殊金属膜なら、紫外線をより多くカットします。

遮熱高断熱 Low-Eガラスの紫外線カット比較図

省エネ 遮熱効果と断熱効果で一年中快適な住まいに

冬は暖かい熱を外に逃がさず、夏は涼しさをキープするから、年間冷暖房費も大幅ダウン。
家計にも環境にもやさしい住まいになります。

遮熱高断熱 Low-Eガラスの年間冷暖房費の比較図

ローコストデザイン住宅や自然素材のお家 高知県高知市 (株)はるが建設
タイトルとURLをコピーしました